公務員

公務員を退職して半年【リアルな現状】

昨年の6月末に退職し、丸半年が経ちました。

長いようであっという間だった半年。何をしていたか、そして現状を赤裸々に書いてしまおうと思います!

Sponsored Link

スキルアップ

①WEBスキル

このブログも含めて、6~8月に複フリでライティングなどのスキルを学びました。何を学んだかはこちらをご覧ください!

数カ月間、ライターとしてお仕事をいただくことができました。

ここで得られたスキルや、温かく見守ってくれる仲間の存在はとても大きいです。

②英語

9~12月には翻訳の専門学校でみっちり翻訳の基礎を学びました。

正直、今まで経験したどの受験勉強よりもハードで、週末に遊ぶ予定が入っていると出かける直前まで課題をやって、遅くに帰ってまた課題…という毎日。

英語力はもちろん、日本語力や調査能力、背景知識など自分の持っているものを総動員して取り組まないと翻訳業は勤まらないということを身を持って感じました。でもそういうところが好きなので、4月からまた通学予定です!

ちなみに、一番デビューまで時間がかかると言われる出版翻訳の分野に進もうと考えているので、当面の目標は訳書の出版です。

尻込みしていた事を始める

12月半ば以降、余裕ができたので、今まで何かしら理由をつけて後回しにしてきたことたちを表面化し、実行してみました。

ジム通い、運転(ペーパー歴5年)、カメラ、インスタ

半月でこれだけ始めました。え、すごい…!

お金がない、時間がないと言ってやってこなかったけど、それだといつまでたっても変えられない。やりたいと思ったらその気持ちを掬って、できることから、小さなことから始めようと思えるようになりました。少しずつでも前に進めれば、自分が喜びます。

仕事は…探し中

今年の4月からは週3、4日ほど働きながらの通学を考えています。

形態や業種はまだ決めていなくて、ご縁があれば自宅でできる仕事(翻訳など)、それか大好きなチョコレートやパン、お菓子関係の仕事、勉強に集中できそうな事務系の派遣、教えることで英語の基礎固めをできそうな塾講などなど…

こうして書いてみると本当に何も決まってない…笑

むしろ面白いお話があればぜひ誘っていただきたい!という状況です。

今の自分に必要なものを選べる状況にあることに感謝をしつつ、どうやって生きていこうか絶賛考え中です。

まとめ

公務員辞めても、生きてます。しかも、けっこう楽しいです。

まだまだ模索中ではありますが、 同じ道を行ったり来たりしてもいいから自分の心にだけは嘘をつかないように、直観を信じて進みたいと思います。

Sponsored Link